ビザ申請、入管手続なら コストパフォーマンスで、 行政書士なみしお事務所   Tel:03-6912-5218

I短期滞在

短期滞在
短期滞在ビザとは、観光、保養、スポーツ、親族の訪問、現地調査や業務打ち合わせなど短期の入国を希望する人のためにビザです。
日本との査証免除協定を締結していない、中国、フィリピン、マレーシア、タイ、インド、インドネシア、ロシア、ウクライナ、ペルーなどの人が日本に入国する際には観光目的であっても短期ビザを入国する前に取得する必要があります。
中国、フィリピン、ロシアなどの一部の国については、身元保証人などの様々な書類が必要となるケースがあります。

 

ご依頼の具体例
1.海外の婚約者を結婚式の前に日本に呼びたい方。
2.海外にいる友人を観光目的や結婚式に招待したい方。
3.海外の両親や親族を日本に呼びたい方。

 

注意点 !
1.短期滞在ビザで来日した場合は、日本で収入を得る活動はできません。
2.短期滞在ビザの延長は原則できません。
3.短期滞在ビザで来日し結婚後に在留資格を変更する場合には、短期滞在ビザを取得する際に結婚目的を明白にしていれば、在留資格の変更がスムーズにいく場合が多いです。
4.在留資格民定証明書は短期滞在ビザには利用できません。

 

ご依頼の流れ

お問い合わせ・面談予約:  電話・メールにてお客様の都合に合わせて、面談日を決めます。 その際に必要最低限の持参するものを伝えます。


無料相談: 短期滞在ビザ申請の問題点を確認し、取得許可率を診断します。 業務の報酬・経費の見積書を提示させていただきます。

業務のご依頼:  業務をご依頼いただける場合は、契約書を交わし、見積額全額お支払いを確認後業務に着手させていただきます。

書類作成:  短期滞在査証(ビザ)はご本人が海外の日本大使館に直接申請するため、なみしお事務所では書類作成のみ行います。

海外在住の外国人に送付:  お客様がなみしお事務所が作成した書類を海外在住の外国人にEMSなどで送付します。

海外の日本大使館でビザ発給:  海外で申請書類を受領した外国人は、現地の日本大使館でビザ申請を行います。 (通常1〜2週間でビザが発給されます。)

日本に入国:  日本大使館で短期滞在ビザを発給されたら、日本の空港等で入国審査を受け入国します。 お客様が無事に入国したことを確認し、業務は終了します。

 

料金表一覧ページへ

 

お問い合わせへ

 

 

 

・メール:anashoshi7340@gmail.com
・お電話:03-6912-5218(海外からは+81-3-6912-5218)
・Fax:03-6912-5031(海外からは+81-3-6912-5031)

 

 



トップページ 事務所・プロフィール 料金表 お問合せ・ご予約 Enghish