ビザ申請、入管手続なら コストパフォーマンスで、 行政書士なみしお事務所   Tel:03-6912-5218

「ビザ」「在留資格」「在留資格認定証明書」の違いとは?

「ビザ」「在留資格」「在留資格認定証明書」の違いとは?

 

”ビザを取ってほしい”、”ビザの延長がしたい”とよく言われていますが、このビザという言い方は、法律上や役所等で手続きをする場合には正式な言い方ではありません。

 

外国人の方が、日本に滞在したり、仕事をしたりするためには「在留資格」が必要です。例えば、「技術・人文知識・国際業務」「留学」「永住者」などの在留資格です。

 

「ビザ」〈査証)は、海外の大使館、領事館が発給するもので、その外国人の方が日本に入国する際に在留資格に該当しているという推薦状のようなものです。
外国人の方は実際に日本に来て空港で「在留資格」を許可してもらわないと、日本で生活や仕事ができません。

 

「在留資格認定証明書」とは、申請に基づいて法務大臣があらかじめ在留資格に関する上陸条件の適合性を審査し、その外国人の方が行おうとする活動の在留資格該当性を証明する文書です。
この「在留資格認定証明書」があれば、「ビザ」〈査証)の発給が容易になされます。

 

つまり、「在留資格認定証明書」 + 「ビザ」〈査証) によって、日本で「在留資格」 + 生活、仕事
となります。

 

しかしながら、
世間では、与えられた在留資格をビザと呼び、在留期間の更新をビザの延長と呼ばれており、これらは本来の入管法上の「ビザ」〈査証)とは違った言い方ですが、在留資格をビザと呼んでも一般的に通用していますので、当ホームページでも在留資格=ビザとして用いる場合もございます。



トップページ 事務所・プロフィール 料金表 お問合せ・ご予約 Enghish