ビザ申請、入管手続なら コストパフォーマンスで、 行政書士なみしお事務所   Tel:03-6912-5218

@在留資格認定証明書

在留資格認定証明書
外国人の方が日本で働いたり、学校に通うというように、中長期間日本に滞在するためには、まず日本で在留資格認定証明書を取得します。そして、その認定証明書を海外の日本領事館や日本公館でビザの申請するのが一般的な方法です。 ビザの発給も速やかで、日本への上陸審査も簡易に行われます。

 

ご依頼の具体例
1.雇用する外国人の方を日本に呼び就労させたい場合。
2.外国人の方が日本で仕事を始めたり、留学する場合。
3.海外にいる配偶者を日本に呼び寄せて一緒に暮らしたい場合。
4.海外にいる子供を日本に呼び寄せて一緒に生活したい場合。

 

外国人の方が日本に上陸するためには、原則として在外公館が発行した査証(ビザ)の記載のある
有効なパスポートを上陸港で入国審査官に提示して、上陸許可の認証を受けなければなりません。

 

在留資格認定証明書申請の流れ
@日本にいる外国人の方本人または受入企業や在日親族、行政書士等が
入国管理局に認定証明書交付の申請をします。
A審査の結果、許可されれば認定証明書が交付されます。(1〜3か月程度かかります。)
B認定証明書を海外の申請人に郵送などの方法で送ります。
C申請人は認定証明書を他の書類とともに現地の日本大使館や領事館に提出します。(ビザ発給申請)
D審査の結果、許可になれば申請人にビザが発給されます。(1週間程度かかります。)
E日本での在留資格認定証明書交付から3か月以内に日本に入国します。

 

注意点!
・日本の入国管理局で認定証明書を発行するのに1〜3か月程度かかります。
・認定証明書の有効期限は3か月です。
 有効期限内に申請人が日本に入国できない場合には、認定証明書を取り直さなければなりません。
・認定証明書自体はビザではなく、日本大使館や領事館がビザを発給することを保証するものではありません。
・認定証明書があっても、常に日本への上陸が保証されているわけではありません。
上陸基準に満たない場合には上陸を拒否されることがあります。
・認定証明書は短期滞在ビザには適用がありません。

 

ご依頼の流れ

お問い合わせ・面談予約:  電話・メールにてお客様の都合に合わせて、面談日を決めます。その際に必要最低限の持参するものを伝えます。

無料相談:  在留資格認定証明書交付申請の許可率を検討、問題点を確認いたします。 業務の報酬・経費の見積書を提示させていただきます。

業務のご依頼:  業務をご依頼いただける場合は、預り金(報酬額の半分)と契約書を交わし、業務に着手させていただきます。

書類作成:  もっとも許可率が高くなると思われる書類を収集、作成いたします。

入国管理局への申請代行:  お客様に代わって、なみしお事務所が入国管理局へ申請を行います。

審査官による審査:  審査上問題がなければ、通常1〜2か月ほどで審査が終了します。

認定証明書の送付:  審査終了後、入国管理局から認定証明書がなみしお事務所に郵送されます。

残金のお支払い:  残金のお支払い確認後、認定証明書をお客様にお渡しいたします。

海外在住の外国人の方に送付:  認定証明書を受け取ったお客様は、海外在住の外国人に送付します。

現地の日本大使館でビザ発給:  海外で認定証明書を受領した外国人の方は、日本大使館でビザ申請を行います。 通常1〜2週間ほどで希望するビザが発給されます。

日本へ入国:  日本の空港で行われる入国審査でビザを提示し、希望する在留資格を取得して入国します。

業務終了:  無事入国を確認して業務終了とさせていただきます。

 

料金表一覧ページへ

 

お問い合わせへ

 

 

 

・メール:anashoshi7340@gmail.com
・お電話:080-5382-3303
・Fax:03-5927-1564(海外からは+81-3-5927-1564)

 

 



トップページ 事務所・プロフィール 料金表 お問合せ・ご予約 Enghish